スライドショーロゴ.pngスライドショーロゴ.png


〒986-1334
宮城県石巻市雄勝町雄勝伊勢畑84-1仮設商店街2F
MAIL:ogatsukanzendojo@gmail.com
TEL:090-4452-3746



キャッチコピー.png


勧善道場(かんぜんどうじょう)
鍛錬家 山本圭一が主宰する自然の中で身体を鍛え「心身を善い状態」に導く合宿形式の道場です。

ごあいさつ.png

初めまして、勧善道場 道場主の山本圭一と申します。当道場は私が東京から2011年に、海と山に囲まれた雄勝町へ移住し、漁業で生計をたてながら山で修業してきた末に立ち上げたものです。
なぜ道場を立ち上げたのか。勧善道場の思想、目標はどんなものか。長文になりますが下記に。
私は雄勝町に移住するまで、都内でパーソナルトレーナーとして活動しておりましたが、その中で、もっと自分を高めたいと言う想いがありました。当時の仲間たちは、トレーナーとして活動の幅をさらに広げることで自己成長を目指しましたが、私は一線を退き、自然の中にその答えを求めました。
現在、海ではホタテや牡蠣などの養殖、山では古道の再生整備をしていますが、ジムで鍛えるような機械的なものではなく、より実践的な体力が身に付き、また脳も活性化しているように感じます。何より心が自由になりました。
きっとそれらは、四季ごとに変わる自然界の色や香り、地面や海面の状態、そして言葉に表せられない雰囲気が、人の身体に好影響を及ぼしているからでしょう。
道場を立ち上げた理由の一つは、このような効果を多くの方に広め、人生に役立てて頂きたいと言う想いと、雄勝町と言う鍛錬に最高の町を、多くの方に身をもって知って頂きたいからです。
さて、もう一つ大切なことがあります。それは勧善道場の思想です。勧善とは善を勧めると言う意味ですが、この言葉は明治時代に雄勝町に不本意にも投獄されなければならなかった武士たちが立ち上げた勧善学校から頂きました。幕末から明治と新しい時代へ移り変わるとき、封建的な制度で生きてきた武士たちは様々な不条理を感じていたことでしょう。しかし雄勝に投獄された人々は、その中でも善と言う美意識をきっと忘れなかったのだと思います。それは新しい時代に合った善であり、逆に時代が新しくなっても変わることのない普遍的な善です。この二つは時に矛盾することもあるかも知れませんし、そもそも善などと言う言葉は、抽象的すぎて未だ人類共通の答えを見出しておりません。故に現在の国際、国内情勢、身近な事件事故等を見ると、胸の痛む思いをされている方も多いと思います。その中で私が善として掲げていることは「身体感覚としての善」です。嘘をつけば身体が重くなるし、善いことをすれば軽くなる。犯罪やいじめなどをニュースでみれば自分のことのように胸が痛む。究極の善行に出会った時、人は自然と涙を流す。その身体感覚こそが人類普遍の善だと私は信じています。そしてその感覚を身に着け、高めることが勧善道場の思想であり目標です。
しかし現代社会はコンピューターや機械に多くの作業を任せた身体不在の時代であり、情報過多の社会の枠組みの中で、一貫した意見を持つことは難しく、うわさ話に流されるような真理不在の時代と言えます。故に本来は一体化されたはずの、身体感覚と情動の連動性は薄れ、自分の生き方らすら他人事のように感じている人が増えたのではないでしょうか。
そこに一つの解決法として、自然の中での鍛錬を私は皆様にお伝えしたいと思います。善の身体感覚と、今ここに自分が生きていると言う存在感を、雄勝の山道整備、漁業の手伝いと言う鍛錬を通じて高める。
長い文章を最後までお読みいただき、ありがとうございます。
※詳しいプロフィールはこちら

_DSC0116.jpg

勧善道場 道場主 鍛錬家 山本圭一.png